タウンワークを手に取った

夏生まれの人は、寒さに弱いと言いますが、
本当でしょうか。
本当です。
まさに私が夏生まれなのですが、本当に寒さが苦手です。

そんなわけで毎日の通勤も非常に辛いものがあり、
出来ることなら、コタツを背負って歩きたいくらいです。

正月太りを解消する為にも、サルサ教室にも
行かなくてはと思ってはいるものの、
寒さに負けて行けていません。

けど、動かない分だけどんどん蓄積されていく脂肪。
年齢も年齢なので、いい加減、このままではいけないと。
大好きなサルサを続けていく為の動機付けは
ないものかと、ここ最近ずっと考えていました。

そこで閃いたのは、サルサの先生になれないものかと。

最近、地域のカルチャーセンター等でも、
ダンス教室が催されていたりするので、
ならば私も。サルサには多少の自信があります。

仕事帰りに駅で初めて、タウンワークを手にとってみました。
タウンワークは地域密着型の求人誌ということは知っていましたが、
自宅周辺にまさかこんなにも仕事があることにびっくり。
サルサの先生という職種はきっとないだろうなと思いますが、
初めてのタウンワーク、求人を見ているだけでなんだか面白い。

今夜も、タウンワーク熟読を理由に、
コタツへ直行ですね。